在籍確認なし銀行カードローンはどこ?会社にばれない借入方法

在籍確認なし銀行カードローンはどこ?会社にばれない借入方法

 

銀行カードローン-在籍確認なしで借りるには?

銀行系カードローンは在籍確認の電話を職場にすることがほとんどです。

消費者金融でもこれは同様ですが、給料などの収入が返済原資である無担保ローンなので、返済可否の判断をするためには職場で間違いなく働いていることを確認する必要があります。

 

しかし、プロミスやモビットは健康保険証などの確認により、在籍確認の電話を省略する申込方法を準備しています。これらの書類を確認すれば、実際に職場で働いていることはわかるためです。

 

とはいえ、銀行も同じように取り扱ってくれるかと言えばそうとは限りません。むしろそのような取り扱いをしてくれないことが多いと考えた方がいいでしょう。

 

ただし、銀行系カードローンの申込要領などを見ると、必ずしも職場に電話をするという記載がされていないことがあります。この場合、在籍確認の電話を省略してくれることも考えられるため一度確認してみるといいでしょう。

 

銀行の強みは、預金取引がある点であり、そこに給与振込をしていれば返済原資は確保できていると考えることができます。また、給与振込をしていれば、どこから振込をされているかを確認することができますから、勤務先もすぐにわかります。

 

銀行系カードローンで在籍確認なしで借りることは無理だという人も多いのですが、最近の銀行系カードローンを見ていると、必ずしもそうではないと言えそうな銀行があります。

 

消費者金融との競合がある以上、相手のサービスは取り入れる必要があります。そのため、他の方法で確認できれば、嫌われる在籍確認の電話は必要ありません。

 

特に給与振込をしていると、返済の確実性が増すため、審査上有利になります。カードローンの申込前に給与振込をしてみると、審査が有利になり、在籍確認の電話も省略できるという一石二鳥が狙えるかもしれません。

 

銀行カードローンの審査について

 
銀行カードローンの審査は一般的に厳しいと言われています。
銀行の審査は「石橋をたたき壊して渡らない」と言われるほど厳しいのですが、銀行系カードローンの審査をしているのは、銀行の傘下である消費者金融なので、このような噂は必ずしも該当しません。

一例を挙げれば、三井住友銀行の審査は、傘下に収めたプロミスがしているのです。

 

では、プロミスの審査と三井住友銀行カードローンの審査基準が全く同じかと言われれば答えはノーです。申込手続などはプロミスと三井住友銀行は、かなり共通になっているにも関わらずです。

 

銀行系カードローンの金利は、消費者金融との競合もあり、大手消費者金融より低めに設定されています。プロミスの最高金利が17.8%に対し、三井住友銀行カードローンは14.5%なのです。

 

この金利差の説明として、調達金利が挙げられることがあります。しかし、長期プライムレートで借りている大手消費者金融の借入金調達金利は1%程度であり、タダ同然と言われる預金金利で調達していても預金管理の手間を考えれば両者に大きな差はありません。

 

しかし、金利差は保証料の多寡には直結します。つまり、消費者金融は高い金利で貸すものの、保証料を多く取れるのでリスクが取れます。しかし、銀行系カードローンは金利が低いため保証料が取れず、リスクが取れません。

 

どちらが審査に通りやすいかと言えば大手消費者金融の方です。銀行系カードローンの審査が厳しいと言われるのは、保証料の差であると考えた方が現実にマッチしていると思われます。

 

この差を跳ね返すためには、自分の信用力を高めることが大切です。
収入は自分だけで変えられませんが、クレジットカードの支払を期日通りしたり、他のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を解約したりするだけで信用力は増すのです。

 

ページランク表示